城跡中津 末広城跡
大分県中津市

末広城跡(正行寺)











正行寺のあるこの場所には、戦国時代末広城があり、現在でも、城屋敷、外屋敷などの地名が残っています。「両豊記」によれば、天正七年(1579)末広城の城主末広対馬守正行は、宇都宮一族の野中鎮兼に攻められ、降伏して城を明け渡しました。