国東市安岐町

安岐城跡 

この台地は東は伊予灘、皆舞は安岐川に面する断崖、北は自然谷に囲まれており、この恵まれた条件を生かして、城造りが古くから行われてきました。南北朝時代に田原氏が安岐郷へ入り館を構え、室町時代に城郭を築いてと云われています。その後、戦国時代に入り長期の戦いにも耐えられるよう城の構造は設計され、田原氏の本拠地となりました。
豊臣秀吉家臣の武将熊谷直陳により、近世的な城郭に変身していきました。
西軍へついた熊谷直盛は黒田軍の攻撃により落城、本丸、天守跡、空堀が見られる。

~説明板より~